イオングループ労働組合連合会   イオングループ労働組合連合会

トップ > 会長あいさつ

会長あいさつ


  • イオングループ労働組合連合会
    会長 永島 智子

「地域と業種」!
強固な絆で、次のステージへ踏み出そう!!

 組合員の皆さん、第35期労連活動への積極的な参加参画をいただき心より感謝申し上げます。本当にありがとうございます。

 第35期は「第3次新労連ビジョン」に基づき、経営変革の方向性も踏まえて、活動の主軸を私達が『働く、暮らす、生きる』地域にシフトし、組合員の皆さんが『組合』を日常的に感じられる状態を目指して活動を展開しました。特に、『チャレンジ2019』活動においては上部団体の指導の下、全組合員の参加参画、経営の全面的支援、OB・OG・取引先を含むあらゆるステークホルダーの皆様にご尽力を賜り、大変大きな成果を残すことができました。組合員の参加参画による組織力の強化、労使の信頼関係・絆の深まり、何より業種と地域、縦糸と横糸が織りなす強固な労連の一体感を感じることができました。一方で明らかになった課題もあります。第36期はこれらの結果を真摯に受け止め、更なる高み・未来に向けて皆で取り組んでいきます。
 私たちを取り巻く環境変化は目まぐるしく、ひと時も立ち止まることはできません。変化の先を見据えて私達の思考と行動を変えていかねばなりません。具体的な取り組みについて議論を重ねて検討し、組織として決めたことについては、必ず皆でやり切る一年にしていきます。
 私たち一人ひとりの成長が、イオングループの事業・流通サービス産業・社会の発展を支える力となります。山積する産業・社会の問題を自分たちの手で解決できる力を持ちたいと思います。
 これまでの歴史を、次の50年、100年に繋げる責任があります。夢のある未来を実現すべく第36期も果敢に変革への挑戦を続けます。
 皆さんの活動に心より敬意を表するとともに、また第36期もこれまで以上の参加参画をお願いし、ご挨拶とさせていただきます。

私たちは応援しています

ページのトップへ戻る